アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「いなり、こんこん、恋いろは。」の制作スタジオを予想!!

この記事は

「いなり、こんこん、恋いろは。」の記事です。
よく分からない記事になってしまったw

はじめに

ちょっと息抜き。軽めの記事。
という事で、阿呆な予想でもしましょう。
去年12月に「いなり、こんこん、恋いろは。」の最新第5巻が発売されました。
神様の力を授かった主人公いなりが、恋に友情に頑張る京都発の変身ラブコメディである本作。
遂に、アニメ化が発表されたのは記憶に新しい所。

とはいえ、まだ「アニメ化企画進行中」という表記。
これってとっても微妙な段階というか。
まだまだ予断を許さない段階では無いかと思うのです。

アニメ化が発表されても、必ずしも実現するとは限らないのがこの世の理(大袈裟)。
なんだか様々な大人の事情で凍結・中止・無期延期等々が起こってしまうもので。
僕が知っているケースですと、例えば、講談社の漫画誌連載作で幾つか。

例えば「月刊マガジンZ」で連載されていた長谷川裕一先生の「クロノアイズ」。
本誌掲載時に「アニメ化企画進行中」と書かれたまま、実現する事なく現在まで至っております。
星雲賞を受賞する等、実績もまた個人的にも面白いと思っていた作品だっただけに、この企画頓挫は非常に残念でありました。

他には、つい数年前の「アライブ 最終進化的少年」(「月刊少年マガジン」連載)もですね。
こちらは、中止に関しての公式声明が出されただけファンには救いとなった気もします。
殆どの場合、中止になっても何の音沙汰もないままですからね。
せめて一度公式に「アニメ化」を発表したならば、中止になった時には、きちんとこのようにアナウンスして欲しいなと思います。
中止になった理由は伏せて貰って問題無い事ですしね。

他にも多くの作品が途中で残念な結果になっているようですね。
「MOON PHASE」さんのアニメ予定表の下の方には、ずらずらっと凍結作品が並んでいます。
企画が出されても、実際に世の中に出る作品は、その中の一握りとも聞いた事もありますし、凍結や中止などは全く珍しい事では無いんでしょうね。

そんな訳で「いなり」に関しても、まだまだ分からない。
けれど、そんなネガティブな事を考えても仕方ないので、「TVアニメ化したら、どこのスタジオが作るのか?」について予想をしてみましょうw

結論から先に言うと、京アニじゃないかなと。
というか、京アニが良いな〜と(笑

京アニだとする根拠的な何か

何故、京アニだと予想するのか。
一応根拠っぽいものを連ねていきます。

先ず一つ目は、角川書店発行の漫画であるという事実。(「ヤングエース」連載中)
京アニは、ご存知のように角川作品とKey作品が大部分を占めております。
「けいおん!」シリーズと身内の作品(オリジナルやKAエスマ文庫作品)を除けば、必ずこのどちらかに属すると言う位です。
京アニが担当してくれる可能性は十分にあるのかなって。

二つ目は、ちらっと書いたように、作品の舞台が京都であること。
伏見稲荷神社をモデルとしていたり、皆京都弁を喋っていたり(当たり前ですが)と、とっても地域性が高い。
もう、京アニにしか作れないのではないかと。


以上です。
…。
しょぼい根拠だ事。

これまでの京アニ元請け一覧(一部除く)

ちょっと、これまでの京都アニメーション制作作品について振り返ってみます。
下請け等々は除き、元請けとして制作してきた作品にのみ絞っています。

作品名 放送期間(上映開始年月)
フルメタル・パニック? ふもっふ 2003年8月〜11月
MUNTO 2003年3月
AIR 2005年1月〜3月(8月28日、9月4日)
MUNTO 時の壁を越えて 2005年4月
フルメタル・パニック! The Second Raid 2005年7月〜10月
涼宮ハルヒの憂鬱 2006年4月〜7月
Kanon 2006年10月〜2007年3月
らき☆すた 2007年4月〜9月
CLANNAD 2007年10月〜2008年3月
CLANNAD〜AFTER STORY〜 2008年10月〜2009年3月
空を見上げる少女の瞳に映る世界 2009年1月〜3月
涼宮ハルヒちゃんの憂鬱&にょろーん ちゅるやさん 2009年2月〜5月
天上人とアクト人最後の戦い 2009年4月
涼宮ハルヒの憂鬱 2009年4月〜10月
けいおん! 2009年4月〜6月
涼宮ハルヒの消失 2010年2月
けいおん!! 2010年4月〜10月
日常 2011年4月〜9月
映画けいおん 2011年12月
氷菓 2012年4月〜9月
中二病でも恋がしたい! 2012年10月〜12月
たまこまーけっと 2013年1月〜

(※「らき☆すた OVA」等一部除いてあります)

京都アニメーションは、制作ラインが1本だそうです。
つまり、1クールに1作品しか作れないという事ですが、上のリストを見ると微妙に重なっているところもありますね。
中でも最も忙しそうな感じなのが、2009年でしょうか。抜き出してみます。

作品名 放送期間(上映開始年月)
CLANNAD〜AFTER STORY〜 2008年10月〜2009年3月
空を見上げる少女の瞳に映る世界 2009年1月〜3月
涼宮ハルヒちゃんの憂鬱&にょろーん ちゅるやさん 2009年2月〜5月
天上人とアクト人最後の戦い 2009年4月
涼宮ハルヒの憂鬱 2009年4月〜10月
けいおん! 2009年4月〜6月

「空を見上げる少女の瞳に映る世界」は

OVA『MUNTO』2作品(2003年、2005年)に新作カットを加えたディレクターズカット版として放映
(wikipediaより)

された作品であり、「天上人とアクト人最後の戦い」はこのTVシリーズの総集編映画(ディレクターズカット版)。

また、「ハルヒちゃん&ちゅるやさん」はyoutubeでの不定期放送。(途中から固定されてましたが)
「ハルヒ」2期は、半分新作・半分再放送という形であり、新作は放送第8話(笹の葉)と12話〜24話。
同時期に放送されていた「けいおん!」の放送が佳境の頃ですし、まあ、上手い具合にやりくりして(前もって放送開始前に予め作っておくなど)作られていたのでしょうね。
この時期だけラインが増えていた訳では無いと思うの。

今考えると「けいおん!」と「ハルヒ」が同じクールに放送されるとか超絶贅沢な期間だったんですね。
当時は「けいおん!」どころか深夜アニメを殆ど見ていなかったので、ちょっと悔やまれるところです。

それはさておき、ここで言いたい事は、京アニは確かに1クールに1作品しか作って来なかったという事です。
そしてそれはこの先も変わらないと予測できます。

まとめ

そもそも「いなり、こんこん、恋いろは。」が放送されるとしたら、何時なのでしょう?
TVアニメシリーズという前提ではありますがw

う〜〜んと。
通常「TVアニメ化決定」という「放送が確定した場合の最初のアナウンス」があるのが3か月から半年前。
作品によっては、もっと前から発表される事もありますけれど、大抵こんな感じかな。
(「俺妹」2期とか、発表から放送まで1年ありましたしね。)

「いなり」の場合は、「TVアニメ化決定」の前段階である「アニメ化企画進行中」。
半年以上前というのは確定と見て良いと思います。
その為、早くて今年の夏からという事になります。
が、多分もっと後でしょうね。
早くて秋。2014年冬クールでもおかしくは無いかな。
なんとなく秋な気がしますけれど。

となると、気になるのが、京都アニメーションのスケジュール。
といっても、現在、京アニの今後のスケジュールというのは全然分かりません。
多分発表されていませんから。

なので、全く予測すら立てられないというのが本音なのですけれど…。
鍵は「宮河家の空腹」でしょうか。
この作品の制作が京アニなのか否かで、「いろは」が京アニ制作かどうかのパーセンテージも大きく上下しそう。
発表された時期も近いですし、どちらも「企画進行中」という同じ段階みたいですし。
同じ時期に放送される可能性もありますし、もし放送時期が重なり、かつ、1ラインの京アニが「宮河家」に携わる事となったら、僕の予想は外れる事になります。

非常に読みづらいんですよね。
「宮河家の空腹」は「らき☆すた」のスピンオフである為、京アニが関わってもおかしくは無い。
ただ、監督がどうやら山本寛さんっぽいというのが。
ヤマカン監督は、同「らき☆すた」監督から降板させられた上に、アニメーションDoを退社という過去がありますので、京アニ制作・ヤマカン監督は有り得ない気もして。
(降板"させられた"という表現が正しいかどうかは分かりません。)

普通に考えれば、山本監督が設立したアニメ制作会社・Ordetでの制作になるのかもですし、京アニは無関係で終わる可能性が高いのかもですね…。

まあ、京アニの今後は、発表されない限りやっぱり予想すら出来ないかな。
少なくとも僕では。

うん。グダグダと長くなりました。
こんなの予想とは言えない、ただの願望になってますけれど(笑
「いなり、こんこん、恋いろは。」、好きな漫画なので、素晴らしいアニメになって欲しいです。