アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「週刊少年ジャンプ」 2012年52号 感想

この記事は

「週刊少年ジャンプ」2012年52号感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「食戟のソーマ」 1 果てなき荒野

料理漫画!!
WJで料理漫画って過去に何がありましたっけ???記憶に無い。
(「トリコ」は…料理漫画では無いかな)
さ〜てと。絵は、思ってた通りとっても上手い。その上、好みドストライクの絵柄。
女の子が可愛いし、主人公も格好良い。
弱冠体(頭身)のバランスがおかしいかなと思うカットがあるものの、まあ、僕にとっては些細な事。
気にしない〜という事で。

こんな上手い絵で、なんだかバトルっぽい感じの調理シーンを入れて、WJぽく加工しているのは流石というか。
この雑誌の色には染まっている気がします。
リアクションも無駄にエロかったですしねw
どこの「To LOVEる」だよと。吹き出しちゃいましたよw
このエロリアクションを過剰に取り入れず、程ほどのサービスとして使って行って欲しいかなと。
リアクションは、過剰にするとクドイし飽きますからね。

で、物語なのですが…。
う〜〜〜ん。かなり唐突感が。2話を無理矢理1話に圧縮させたような奇妙な違和感を覚えました。
終盤の親父が店閉めると言うシーン以降の話の運びが唐突過ぎて。
1話でヒロイン?を出したかったのかもですが、これは2話でも良かった気が…。
まあ、好みの問題ですね。

それにしても、今回の地上げ屋のお姉さん。
なんだかな〜と。
子供相手に口約束交わして、犯罪犯して強気に出て。
挙句あっさりと軍門に下るとかw
残念過ぎる人でした。でも、カワイイは正義という事で(オイ

絵は大好き。話は少し不安。そんな1話でした。

「ONE PIECE」 第689話 "ない様である島"

ドフラミンゴが言っていた「SMILE」の謎が判明。
動物系の"人造悪魔の実"ですか。
SADとは、これを作る為の材料であり、シーザー誘拐の理由は、このSADを唯一作り出せるから。
既に四皇の一角が、この"人造悪魔の実"で、能力者集団を作っているとか何とか。

という事は、ローの作戦とは、人造悪魔の実の生成を止めて、既にこれに手を出している四皇をあわよくば倒そうという算段なようです。

ふむ。色々と話は繋がるようですが…でも、まだ釈然としません。
シーザーを誘拐する理由は分かりました。
SADがこの先必要なのでしょう。

ただし、それが「何れ四皇の一角を引き摺り下ろす事」にどう繋がるんでしょう?

今ここでシーザーを誘拐すれば、確かにこの先、人造悪魔の実の製造がストップするでしょう。
これは、ドフラミンゴにとっては大きな痛手となります。
誰かは知りませんが(シャーリーでしょうけれどw)、この禁断の果実に手を出している四皇にとっても痛い。

けれど、だからといって、それが四皇を引き摺り下ろす好機となる訳では無いですよね。
敵の戦力が落ちる訳では無いから。

まだ何かあるんでしょう。
人造悪魔の実を使って、同じく能力者軍団を作り上げる事が目的なのか?
う〜〜〜ん。それってある意味ガチの力技だし、どうもローのイメージでは無い。

多分そういう事では無くて、SADには「人造悪魔の実で身に付けた能力を無効化する作用」でもあるんじゃなかろうか???
想像の域を出ないので、何とも言えないのですけれど。

「ニセコイ」 第52話 ソクテイ

なんか久々に感じる日常のほほんコメディ回。
まあ、今回の楽は、言い訳できない感じでしたね。完全に彼の失態ですw
覗きまでしてたわけですしね〜。

にしても、オチに対する編集の煽りが全てを持って行きました。
うん。男がスリーサイズなんて普通測らないわw

「黒子のバスケ」 第191Q 丸見えだぜ

本当に不憫な主人公過ぎる(泣
嘗てここまで活躍できない主人公がいただろうか…。
黒子の役割は分かってますし、そういう立ち位置に置いた珍しいタイプの主人公とはいえ…。
ゲーム中で存在感を消すのは良いのですが、作品からも存在感を薄くしすぎなのではと思うのです。

そのうち、要らない子扱いされても不思議じゃないんですよね(汗
まあ、更なる必殺技を持たせればいいのでしょうけれど。

「ハイキュー!!」 第39話 復活

ジャイアントキリング…とまでは言えないけれど(相手がそこまで強豪じゃないから)、こういう「見下されている者が圧倒する展開」はやはり見ていて気持ちいい。
凄いカタルシスを感じました。
ラスト4ページの最も盛り上がるシーンに向かって、ぐぐーっと上がっていくテンションが、もう最高。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」 何でもベスト本の巻

両津が振り回される系のお話は、割と好きかもしれない。
ただちょっと両津らしくなかったかな〜とも。
これ位の事なら、彼は顔色一つ変えずにやってのけれるでしょうに。
やはり儲けが少ない事が分かりきっている事だったので、イマイチ乗れなかったのでしょうねw