アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「週刊少年ジャンプ」 2012年20号 感想

この記事は

「週刊少年ジャンプ」2012年20号感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「ONE PIECE」 第663話 "CC"

ローについて考えてみます。

「互いに取り返すべきものがある」と言い残して去って行った彼。
ローの"取り返すべきもの"って何なんでしょう。

やはり仲間の事…なのでしょうかね。
ずっと不思議だったし、多分読んでいる方の殆どが気になっているのが、彼の仲間の事。
あのクマさん達は何処に行ってしまったのか?

もし取り返すべきものが仲間なのだとすれば、仲間は一体何処に居るのか?
一番疑わしいのは、政府に捕らわれているという可能性。
でも、七武海である現状では有り得ない事。
七武海になる前に、全員捕縛されてしまったとしても、加入時点で全員釈放される。
そういう決まりがあるから、やはり政府が捕えているとは考えられない。

では、他の組織や海賊なのか?
でも、これも可能性としては低いと思うのです。
助けられるものならば、その場でロー自身が助けているのではないかなと。
あれだけの力があるのですからね。

そうすると一巡してやはり政府を怪しんでしまう。
そもそもローが七武海に加入する切欠って何だったのでしょう?
って、それは描かれてましたね。
「海賊の心臓を100個政府に引き渡した」から。

ここで疑問なのが、何故それで"七武海に加入する事を認められたのか"という事。

おかしくないですか。
心臓100個。確かに本当に海賊の心臓ならば、その価値はあるのかと思います。

でも、心臓なんてそんなモノ、元々誰のものかなんて分からない。
「心臓の抜かれた海賊の体100人分」と「100個の心臓」。
この両方が揃って初めて成立するんじゃないでしょうか。

ですが、スモーカーの部下等の話し方では体の提出は無く、心臓のみ持って現れたように思えてなりません。
勿論台詞の解釈如何でどのようにも取れます。
体の方は(台詞の中で)触れてなかった可能性だってありますし、政府の見守る前で海賊100人から心臓を引き抜いたのかもしれません。
でも、そうでは無い可能性だってあるんじゃないでしょうか。
どうもこの加入条件が胡散臭い。

ローって、自分の意志で七武海になったのでしょうか?
政府から何らかの弱みを握られ、部下を人質に取られて、仕方なく七武海をやらされている可能性って無いのですかね。

この"人質"というのが"部下100人分の心臓"で、ローはそれを取り戻そうとしているのだとしたら…。

どうやら心臓を抜いただけでは、抜かれた人間は死なないようです。
でも、引き抜いた心臓を潰すなりすれば死んでしまう事は間違いなく。

心臓を抜かれた100人の部下とその心臓。(若しくは心臓のみで、体はローが保管している)
両方を政府に掌握されているから、ローですら逆らえないでいる。

今の所何の根拠も無いただの思いつきです。
ですが、彼はどうも今までの悪人とは違うような気がするのです。
のっぴきならない理由があるのではないかなと…。
前回のスモーカーに対する発言からも政府に対して不信感を隠そうともしていない様子なので、このような事を思っちゃいました。

ところで。
この作品では「心臓」と「心(精神?)」は別個なのですね。
心臓にその人物の魂みたいなものが宿っているというなら、ケムリン達の"中身"は入れ替わったり出来ないですしね。

あと、屁で喋る事の出来る変態侍(笑)は、その能力で何故体を作らないのか…。
やはり有機物には「変化」させられないのでしょうかね。
それともただ単に気付いていないのか。
もし無機物を有機物に変えられるのなら、相当強力な能力になり得る気がしますが…。

「SKET DANCE」 第229話 トラブル・トラベル③

まさかの展開…。
ヒメコが男を簡単にボコって、その場をスミちゃんに見られて友情に亀裂が入りそうな修羅場に〜な想像をしていたのですが…。
こうくるとは…。

これどうやって乗り切るんでしょうね。
やはり最後は武器を持ったヒメコ無双になるとは思うのですが…。
ボッスンとスイッチだけでは心許ないなぁ(汗
ボッスンの集中力(なんか懐かしい設定に思えるw)で連れ去られた場所までは辿り着けそうですが、そこからヒメコ奪還までどうするのか。
なんか思っていた以上に長いシリーズになりそう。

「ハイキュー!!」 第9話 コンビ誕生。

うはぁ。おっもしれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
ワクワクしてきますね。この漫画は。
今回で2人の"正式入部"も済んで、次からは早くも他校との練習試合ですよ。

スポーツ漫画って連載初期でいきなり強豪校との練習試合が定番の流れで。
これは「SLAM DUMK」だってそうだった。
というか、流れ的にはスラダンと全く同じですよね。今のとこ。

「花道VS赤木」が今回までの試合だし、「陵南との練習試合」が青葉城西高校との練習試合だったり。
やはり物語的には特別新鮮味が無いのですが、そんな王道を真っ向から描いていたり、キャラの掘り下げ方が丁寧だから、読んでいて燃えられる。
「一気読み推奨漫画」という僕の中では最高位の位置にまで届きそうですよ。

練習試合も期待!

「無刀ブラック」(読切)

お話はやはり普通…。
面白いとも言えなかったですが、つまらなくは無かったです。

絵に関して少し。
自分は漫画描いたこと無いので理由が分からないのですが、

漫画を描き始めて日が浅い人とバリバリ一線で描き続けているプロの方では、絵が全然違って見えるのです。
あ。絵の上手さというものでは無くて。
線の話です。
う〜〜んと。漫画に描き慣れていない(と思われる)人の線って野暮ったいというか…。
「太い」って言うのとは違って、「野暮ったい」。
そういうイメージ。
ペンの使い方とか熟練度…なのかもですね。
漫画こそ描いたこと無いですが、自分で描いたイラストにボールペンで清書すると似たような感じになりますから。

んで、この作品は
描き慣れていない方<この漫画<プロ
というイメージを持ちました。

下書き段階では十分上手いけれど、ペン入れが…というイメージ?
ごめんなさい。何も知らないド素人が書いていい事では無いですね。この辺でやめときます。

「ニセコイ」 第22話 オンセン

表紙がヤバい…。
そして内容がもっとヤバかった。
ババ抜きの時の2大ヒロインの百面相がヤバい程可愛い。
そしてまさかの温泉シーン。
なんという。
この漫画にはあざとさは不要だと思うのですが、まぁ、良いや〜。

ところで。
高校にもなって男女同室とか有り得なくないですか?(汗
何とも豪気な学校ですねw

「バクマン。」 175ページ 発売日と前夜

次回最終回???
流れが最終回前にしか思えないのですが…。
というかこれで終わらなかったら、逆に不自然なくらい。
それくらい「最終回」の雰囲気が。
読んでる途中で、今回で終わりなのではと本気で思っちゃったくらいですし。

確かに目的は達しましたし、ここで終わってもおかしくは無いですよね。
寧ろ終わるならこのタイミングしかない気もしますが。
もうちょっと読んでいたい気もしますので、複雑。

取り敢えず次回。どうなるのか…。

「magico」 第55話 17時限目

あ〜面白い戦闘ですね。
他の時間帯での戦いも見てみたいな〜。

戦い方もユニークだし、見せ方も十分派手で格好良い。
この漫画が下位に甘んじている理由が分からない。
やっぱりお話…かな。
今一つ盛り上がりに欠けるとは僕自身思ってはいるものの。

でも、なんか盛り上がりそうですね!
こういう分かりやすい敵とのバトル展開は燃えられそうです!

「めだかボックス」 第142箱 「相手にとって不足なし」

善吉〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
普通にはぶられてるぞ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(笑)

それにしても安心院さんが仲間みたいになっていて驚いたw
箱庭学園で生徒してるんですね。

最近球磨川が面白すぎて大好きですねw
参加動機がぶれなさすぎですし、「親戚だよね」ツッコミとか最高w
良いキャラだな〜。