アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

新連載ラブコメあざといな〜(笑) 「週刊少年ジャンプ」 2012年13号 感想

この記事は

「週刊少年ジャンプ」2012年13号の感想記事です。
ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「パジャマな彼女。」 vol.1 どーゆーことだよ!!!

新連載ですね。ラブコメですね。
作風とか絵の雰囲気とかが「いちご100%」の後継という感じ。
絵と作風が合っていて、中々良い感じなのですが、ちょっと僕にはあざとすぎかもです。
サービスシーンが前面に出過ぎているかな。もうちょっと控えめが好み。
それにしても名前が適当というか…(笑)
まくらってw名前の紹介直後の台詞にも関わらず、ヒロインの名前だと理解するのに時間掛かっちゃったよw

展開的には「幼馴染のヒロインが死んじゃって」というお話では無く、その一歩手前なのでしょうね。
昏睡状態で眠ったままという。
だからあれは、霊では無くて…生霊というか…夢が具現化したような…そんな感じになるのかなと。
キャラ名からモチーフ等、とことん「眠り」をテーマにしているようなので、多分この予想は合ってると思う。

取り敢えずは、暫く読み続けていきたいと思います。

「ハイキュー!!」 第2話 烏野高校排球部

おー!良い感じ!面白い。
やっぱこの漫画良いね。
魅せる絵と通常の絵のメリハリが凄く意識して分けられていて、そこが凄く良いですね。
読んでいて最も盛り上がる場面とか、作者的に魅せたいシーン。
そういったコマの絵にグッと力入れて作画されているのが一目で見て取れるから、読んでいても飽きない。
それと、そのタイミングも僕の心境(?)と上手い事シンクロしているんですよ。
ここで気合の入った絵があると良いなぁというところにちゃんとそういう絵が入っている。
なんか相性が良いのかもしれないです。

「ニセコイ」 第15話 ライバル

という事で新キャラのライバル君登場!と思ったのですが。
にゃるほど。そう来るかという感じ。
ラブコメに男のライバルが必須というのは理解していますし、出てくることに否定もしないです。
でも、出て来て欲しくないという気持ちもあって。
なんというか…。ヒロインには主人公以外の男と絡んで欲しくないというのか…。
非常に気持ち悪い心境だと思いますが、しょうがないですよ。ホントの事なのでw

ま、そんな訳で、少しだけライバルの登場には抵抗があったのですが…。
なるほどねぇ。これならOKですね。そっかそっか。
こういうのも百合って言うのかな?
それにしても勝負後のオチが見える(笑)
服が破けて、性別が判明して、全く気付いていなかった楽が仰天して…。
そしてぶっ飛ばされる様が目に見えるwww

「バクマン。」 168ページ 訂正と宣言

福田のやったことは傍から見てるだけだと爽快ですね。
もちろん社会的には「やっちまった」系ですけれど。
そういうの全部理解して、やったことには後悔しないで胸を張り、迷惑をかけたという点で反省する福田の姿勢は凄い好き。

それにしても本当になぁ。
好きな声優が、「異性と付き合ってる」だの「結婚する」だのという報道とかをされて落ち込むのは分かります。
それで嫌いになったりするのも、まぁ、個々人の自由だと思います。
でも、だからと言って、自分の身分や顔の見えない所で好き放題に罵詈雑言・アンチ活動等を行うのは止めて欲しいと思いますね。

あと、僕は声優さんの本分はやはり「声優業」だと思っています。
舞台俳優と兼業の方とかを除けば、声優という仕事が第一で、それ以外の活動はこれに付随する仕事だと思うのですね。
だからこそ、これで亜豆が声優を辞めなければならないという展開にだけはして欲しくないです。
「アイドル」としては売れだせなくなったというのは仕方ないにしても、声優すらクビになるというのはなんか嫌です。
そうするとアンチ活動を肯定しちゃうようで、嫌なんですよね。