読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

「名探偵コナン」 第91巻感想

この記事は 「名探偵コナン」第91巻感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

ラブコメ好き必読の漫画「からかい上手の高木さん」を徹底的に薦める

この記事は 「からかい上手の高木さん」の記事です。 ネタバレあります。

「恋は雨上がりのように」 応援したくなる純情少女の片思い物語

はじめに 「恋は雨上がりのように」の記事です。 ネタバレあります。

「約束のネバーランド」第1巻発売を祝して、最終回を予想する

この記事は 「約束のネバーランド」 第1巻の感想記事です。 ネタバレあります。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第74話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第74話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「百万畳ラビリンス」を読んだ。とんでもない傑作だった

この記事は 「百万畳ラビリンス」の感想記事です。 なるべくネタバレ無しで書きます。

読者歴25年以上の素人の僕が考える「ジャンプ」で早期打ち切りに合わない作劇法

この記事は 眠れないオッサンの与太話。

長期休載や終了を告知する「義務」はあるか否かの私見

この記事は 長期休載に関する私見です。 出版社はもっと「商業誌」だということを意識すべきだと思うの。

「暗殺教室」 人が死ぬ作品を嫌いな僕がそれでも感動し認めた理由

この記事は 「暗殺教室」の考察記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

その第一印象は必ず裏切られる 「やがて君になる」

この記事は 「やがて君になる」の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第73話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第73話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

私的ジャンプ・ニューオーダー・キャンペーン

この記事は 「週刊少年ジャンプ」の記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第72話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第72話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第71話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第71話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「名探偵コナン」 第90巻 感想

この記事は 「名探偵コナン」第90巻感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「ONE PIECE」 敵の支配の進化が怖い  「週刊少年ジャンプ」2016年36・37合併号感想

この記事は 「週刊少年ジャンプ」2016年36・37合併号感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第70話:感想 究極のラブコメ展開にワクワクが止まらない

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第70話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第69話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第69話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「名探偵コナン」にアクションは必要なのか否かを考える

この記事は 「名探偵コナン」の記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第68話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第68話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第67話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第67話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

弱かった冒頭の印象を覆す至高の結末 「僕だけがいない街」 総括

この記事は 「僕だけがいない街」の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「名探偵コナン」 第89巻 感想

この記事は 「名探偵コナン」第89巻感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第66話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第66話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第65話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第65話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

ライバルとの再戦をマンネリ化させない工夫に溢れた青葉城西と陵南に関する考察

この記事は 「ハイキュー!!」中心に「SLAM DUNK」にも触れています。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

一発屋で終わらない物語性 「恋するシロクマ」を読んでみた

この記事は 「恋するシロクマ」の記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第64話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第64話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第63話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第63話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「名探偵コナン」 第88巻 感想

この記事は 「名探偵コナン」第88巻感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第62話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第62話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「よつばと!」 第13巻 感想

この記事は 「よつばと!」第13巻の記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「虚構推理」が面白い!!!!!!

この記事は 「虚構推理」の記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第61話:感想 リトvsギドが整えられましたね

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第61話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

黒の組織との決闘よりも怖いコナンを待ち受けそうなある大事件 「名探偵コナン」ラブコメ考察

この記事は 「名探偵コナン」の考察記事です。 博士が黒幕という結論。

「男でも読める少女漫画」とは具体的にはどういうことなのか? 「俺物語!!」に見た1つの持論

この記事は 「俺物語!!」を西尾維新先生の「物語」シリーズだと勘違いしていたリアル友人に捧げます。 (ブログ運営は秘密にしてるので、彼はこのブログの事知らないですがwww)

「ものの歩」と「クロガネ」に見る「努力と挫折の物語」が高める主人公への感情移入度

この記事は 「ものの歩」考察記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第60話:感想 だんご3姉妹!?

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第60話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

劇場版の"予習"が完璧に出来る漫画版「心が叫びたがってるんだ。」〜美味いが巧い〜

この記事は 漫画版「心が叫びたがってるんだ。」の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第59話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第59話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「名探偵コナン」 第87巻 感想

この記事は 「名探偵コナン」第87巻感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

漫画雑誌公式サイトの連載作品情報量を採点してみる 少年誌編

この記事は 漫画雑誌の公式サイトに関する記事です。 この企画が続くかは未定。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第58話:感想 何故リトはお姫様抱っこをするのか?

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第58話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

若木先生への「信頼感」を確実にしてくれた「なのは洋菓子店のいい仕事」

この記事は 「なのは洋菓子店のいい仕事」の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第57話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第57話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

最終回がちっとも思い出せなかった「GS美神〜極楽大作戦!!〜」の何故

この記事は 「GS美神〜極楽大作戦!!〜」考察記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

探偵の永遠のライバル・黒くて怪しい真犯人さんを語る

この記事は 真犯人さんの記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」 第56話:感想

この記事は 「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」第56話の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

表紙画像の価値は2200円 「Kindle Paperwhite 3G」の魅力

この記事は 「Kindle Paperwhite」の記事です。 自身の情報収集能力の無さを吐露した記事(笑

はじめの1巻 「三ツ星カラーズ」・「盤上のポラリス」・「サマーソルトターン」

この記事は 3タイトルのコミックス第1巻感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。