読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメな日々、漫画な月日

アニメ、漫画の感想・考察

ライトノベル

ラノベのキャラメイキングと声優の演技の本流は同じなのだろう

この記事は ラノベに関する記事です。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」 第12巻 感想

この記事は 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」感想記事です。 ネタバレあります。

美少女キャラに自慰行為をさせる意味 「妹さえいればいい」と「僕は友達が少ない」の共通項から見える平坂読のキャラクター造詣術

この記事も 眠れないから戯言ですよ。 ネタバレあります。

ラノベは最高でも10巻台で終わらせるのが理想だなと思う。

この記事は ラノベの記事

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」 ダンジョンの秘密に関する考察

この記事は 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の考察記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

ただひたすらに残念な奴らの物語だった。「僕は友達が少ない」 第11巻 感想

この記事は 「僕は友達が少ない」第11巻の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」 第9巻 感想

この記事は 「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」第9巻感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

人は何故面白いという感情を喚起させるのか?「生徒会探偵キリカ」6巻を題材に考察

この記事は 「生徒会探偵キリカ」を題材とした記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「エロマンガ先生(4)エロマンガ先生vsエロマンガ先生G」 感想

この記事は 「エロマンガ先生」第4巻の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「僕は友達が少ない」 第10巻 感想

この記事は 「僕は友達が少ない」第10巻の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「エロマンガ先生(2)妹と世界で一番面白い小説」 感想

この記事は 「エロマンガ先生(2)妹と世界で一番面白い小説」の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「生徒会探偵キリカ」 第5巻 感想

この記事は 「生徒会探偵キリカ」第5巻の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「エロマンガ先生 妹と開かずの間」 感想

この記事は 「エロマンガ先生 妹と開かずの間」の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 十年目の再会」 感想

この記事は 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない 十年目の再会」の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 第12巻 感想

この記事は 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第12巻の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「生徒会探偵キリカ」 第4巻 感想

この記事は 「生徒会探偵キリカ」第4巻の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「文章系タイトル」に秘められた意味を考えると面白いと僕は思った。

この記事は ラノベのタイトルに関する記事です。 タイトルって奥が深いのかもしれない。

ブラコンである事を物語決着の阻害要因としている「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」は深い

この記事は 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」の考察記事です。 アニメだけのファンにはネタバレありますのでご注意下さいませ。

ラノベと萌えの相性は抜群に良いと考える理由

この記事は ラノベに関する記事です。 小説は楽しいね。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 第11巻 感想

この記事は 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第11巻の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 第10巻 感想

この記事は 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第10巻の感想記事です。 ネタバレありますのでご注意下さいませ。

リアル妹のいる人間から見た「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」原作感想!

この記事は 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」に関する感想記事です。 原作のネタバレがありますのでご注意下さいませ。

最初っからシリーズ化を前提にしたシリーズってあるの?という疑問

この記事は ライトノベルに関する疑問をもとにした記事であります。 ラノベって楽しいですね。最近とみにそう思います。